新着記事

カテゴリー

年の離れた兄と、不条理な現実

年の離れた兄と、不条理な現実

本日のおすすめ記事

一人暮らしからの引っ越し。部屋との別れが悲しくて大泣きした

ついに「8年住んだワンルーム」から「新しい部屋」に引っ越しました。自分のステップアップによる引っ越しなので気持ちは前向きなはずですが...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

5つ年の離れた兄が居た。

子供の頃は良くいじめられていた。

何度も、何度も。

おもちゃなんて当然のように壊された。

家のルールで、「冷蔵庫に入れている私物には名前を書くこと」とあった。
何故ならば、誰のか分からずに食べてしまうからだ。

でも僕は名前を書かなかった。
何故ならば「しょう」と書いてしまうと、「コイツのなら食べていいや」と考えるクソ野郎が家族にいるからだ。

でも書かないなら書かないで当然文句が言えない。
だから最初から僕は冷蔵庫を使わなかった。

そもそも親に買ってもらったおやつはすぐに消費していた。

虐められていたのは僕が生意気だった事もあるかもしれない。
でも大半は、奴の気まぐれの餌食だ。

僕の友達が家に来た時は、その友達の目の前でずっと僕にプロレス技を掛けていた。
友達は退屈し、そもそも見ていられないから、そそくさと帰る。

そしたら兄も辞める。

 

だから僕は友達を家に呼ばなかった。

逆に兄の友達が家に来ることもある。
さすがに彼らにいじめられた事は無かったが、
友達の前でイキった兄に、
まるで「普段のこと」のように、
家の中ですれ違い様に僕の顔を壁に押し付ける。

「やめなよ、可哀想じゃん」
と言ってはくれるものの、
それまでだ。

まるで「スタンド・バイ・ミー」に出てくるいじめっことその取り巻きだ。

そんなある日、僕は誕生日に買ってもらったMDプレイヤーを壊された。
MDは宝物だった。

これをきっかけに、日ごろの理不尽さも込めて怒りが爆発した。

「不条理」が体の隅々に沸き起こる感覚。
体が興奮状態に陥り、泣きそうで、声が震え、手足がたぎるような。

僕は兄に飛びかかる。

しかしいとも簡単に腕力で鎮められ、
頭を片手で掴まれ、顔に唾を吐きかけられた。
そして腹に一発殴りを入れられた。

横隔膜が痙攣し、呼吸困難に陥る。

その場で泣きながら倒れ込む。
自分が小さくなっていくのが客観的に分かる。

こんな時、怒りや悔しさは悪い意味で全て消える。

不条理であるにも関わらず、
謝罪の念、許して欲しい、
助けて欲しい、
全て自分が悪かった、という気持ちが沸き起こる。

 

映画の主人公のように「このクソ野郎」とムキになるようなセリフは出ない。

僕の記憶では「ごめんなさい」と小さく言った気がする。

そう発言した記憶こそ無いが、
その後に
「謝るくらいなら最初からするなよ」
と言われた記憶があるから、
やはり謝ったのだろう。

どこまでもムカつく奴だが、
怒りが発生するのはやはり痛み、苦しみが終わった後だ。

苦しみが引くまでは悶えるしかない。

人は圧倒的な暴力の前では、本当に無力だ。
それを知った中2の夏だった。

僕は兄を○したかった。
本当にいつか○してやろうと思ってた。

もしこのまま大人になったら、
僕は幸せにはなれない。
常に不条理な目に合い続ける。

そんな気がした。

それから2年後。
白血病で兄は死んだ。

僕の夢が別の形で叶った。

しかし何故だろうか。
悔しいが、悲しい。
悲しんでる自分が悔しい。

「PS2やるから、好きなだけ遊んでいいよ」

酒浸りのDV夫がたまに優しいセリフを吐くような、
その程度のことだったと思う。

 

そのクソみたいなセリフを遺した兄。

それ以外は全てムカつくが、
それでも、
TVCMで見て憧れてた大乱闘スマッシュブラザーズをさせてもらったこと、
ドリキャスというマイナーハードでハウスオブザデッド2をさせてもらったこと、
そういう些細だけどノスタルジーに浸れるような、
そんな思い出もある。

皮肉なことに、
奴が死んでからはむしろそういう記憶ばかりが巡る。
そして涙が出る。

時折いじめられる夢を見て、
血が沸騰しそうになりながら目覚めるが、
「もう居ないのか」と思うと、不思議と涙が出る。

家族。
どれだけ憎くても、
何をされても、
許せてしまう。

ついさっき、
またこの夢を見て眠れなくなった僕は、
まだ薄暗い外の景色を見ながら、
押し入れの奥にあるPS2のことをふと思い出した。



本日のおすすめ記事

一人暮らしからの引っ越し。部屋との別れが悲しくて大泣きした

ついに「8年住んだワンルーム」から「新しい部屋」に引っ越しました。自分のステップアップによる引っ越しなので気持ちは前向きなはずですが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
一人が大好きなぼっちブロガー。
働き方、生き方、日々思った事、クッソどうでもいい事などをつづってます。
孤独との向き合い方や、孤独の楽しみ方をメインに情報発信しています。

【運営してるメディア】
ぱっかんブログ(当サイト)
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

youtubeで、ゲーム実況とか、福岡散歩レポートの紹介とかやってます。
Youtubeチャンネル(外部)

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)