新着記事

カテゴリー

ハイテクな生活より原始的な生活を肯定する理由

ハイテクな生活より原始的な生活を肯定する理由

本日のおすすめ記事

一人暮らしからの引っ越し。部屋との別れが悲しくて大泣きした

ついに「8年住んだワンルーム」から「新しい部屋」に引っ越しました。自分のステップアップによる引っ越しなので気持ちは前向きなはずですが...

この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

例えば30年前は「私は営業の仕事をしたいけど、地図が読めないから車で遠出出来ない。だから営業職は出来ない。」
なんて人が居たかもしれない。

しかし現代では「カーナビ」の登場により、「地図が読めなくても車で目的地まで行ける」という人が当たり前のように居る。

このように、テクノロジーの進化により我々は可能な限り平等になったと言える。(Dr.Stoneでも千空がそんな事言ってた。“科学は人を平等にする”)

しかし、この「ハイテク」により処理速度は増え、業務量も圧倒的に増えた。

結果として「もしや原始時代の方が幸せだったのでは?」と、誰しもが時折考えることを僕も考えてみた。

前提:正直「昔」にそんなに戻りたいわけではない

時折「山籠り生活」とか「文明を捨てる」とかに逃げたくもなるが、今の僕はそこまで「昔に戻りたい」とは思っていない。(戻りたいも何も生まれる何千年も前のことなので体験してないが)

ただ、「原始的な生活を幸せだと肯定するならば、そこにはどんな理由があるか?」を自分なりにまとめてみたくなったのだ。

 

というわけで事項よりまとめ形式で紹介してみる。

原始生活を肯定する理由①人間の脳の容量は変わってない

私たちの行動や思考を司るハードウェア -脳- は5万年前から全く変化していません。

上記はミニマリストが“ミニマリストを推奨する”際に良く用いる引用文だが、これを軸に考えると現代は「大変過ぎる」と言えるかもしれない。

僕もたまに考える。

同じコンビニバイトでも、20年前と今では「公共料金の支払」「宅配受付」「マシンメンテ」等、複雑さが段違い。

更に突き詰めれば、5万年前と今では当然もっと極端に情報が煩くなっている。

僕はこの「複雑さ」に付いていけなくなる事もしばしある。

でもそれも当然といえば当然。
5万年前から脳のスペックは対して変わってないのに、着手すべき課題は複雑化している。

 

いやー、、まぁこの程度なら「生活の変化」に伴って「成長」する事で対策できるレベルかもしれないか。。。

もしくは「5万年前の人間が脳を持て余しすぎ」とかね。

まとめ:ハイテクな生活より原始的な生活を肯定する理由

理由が1個で終わってしまった。

実は最初に見出しを作成していた時は
②難しいことが増え過ぎた
③現代はスピード感が凄まじい
を含めて、合計3つの項目を用意していた。

しかし書き始めてみると結局「脳のスペック」の話に回帰すると気づいてテンションが下がり、辞めた。

おわり。



本日のおすすめ記事

一人暮らしからの引っ越し。部屋との別れが悲しくて大泣きした

ついに「8年住んだワンルーム」から「新しい部屋」に引っ越しました。自分のステップアップによる引っ越しなので気持ちは前向きなはずですが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
一人が大好きなぼっちブロガー。
働き方、生き方、日々思った事、クッソどうでもいい事などをつづってます。
孤独との向き合い方や、孤独の楽しみ方をメインに情報発信しています。

【運営してるメディア】
ぱっかんブログ(当サイト)
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

youtubeで、ゲーム実況とか、福岡散歩レポートの紹介とかやってます。
Youtubeチャンネル(外部)

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)