新着記事

カテゴリー

お腹が緩い人の仕事として「web業界」がオススメ

お腹が緩い人の仕事として「web業界」がオススメ

本日のおすすめ記事

【iPhone SEレビュー】iPhone SE 2016→2020に移行して感じたこと

2016年初頭に発売された「iPhone SE(第一世代)」を5年近く使い倒し、つい数日前に発売された「第二世代(2020年版SE)」に乗り...

この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

こんにちは。
難しい言葉はだいたいバイオハザードで覚えたぱっかんです。

僕はお腹が緩い方で、急に来る腹痛と上手く付き合いながら生きています。

最近になりなんとなく思ったのですが、お腹ピーピーな人はweb業界で働くと良いかもしれません。
まぁ、転職で悩んでる人などは当記事を読んでみてください。
参考になるはずです。

web業界はかなり柔軟で働きやすい

web業界は、EC(ネットショップ)にしても広告にしても制作にしても、非常にフリーダムな世界です。

トイレに行く際「離席中」であることを気にする必要は無いし、「ちょっとトイレ行ってきます」なんて声かけを誰かにする必要もありません。

「OPP(お腹PP)」な人にとってこれは非常に嬉しい条件ですよね。

僕はweb業界で5年近く働いているので忘れていましたが、「もし異業種で働くなら・・・」を意識して考えてみた時、「自由にトイレに行けない」という条件がネックになりました。

いつでもトイレに行けるというのは、実は最強だったのです。

基本「デスクワーク」なので、キレイなトイレが常設されている

また、web業界はデスクワークなので、働いてる間、基本的にはオフィスに在中します。
そうなると当然、「ビル既設のトイレ」を心置きなく利用できます。

 

「自社フィールドのトイレ」というのは、

・客先のトイレ
・公衆トイレ
・コンビニのトイレ

などと違い、非常に安心感があります。
「もしヤバくなっても、すぐ傍に(気軽に利用できる)トイレがある」という事実はとても嬉しい。

しかも一つの不安材料が無くなることで、お腹への負担も軽減されます。

トイレに長時間籠っても何も言われない

「デスクワーク」という条件で探せば、webに限らずとも、例えば「事務」とかもありますね。

でも「事務職」の場合だとweb程フリーダムでは無いようで、「離席はトータルで15分まで」のような条件が付けられたりします。

5. 匿名 2018/03/29(木) 00:58:49
自由にトイレ行ける事務職です。
トイレ30分引きこもっても大丈夫!

>>5
30分は事務でもやばい
せいぜい15分

30分はwebでもアレかもしれませんが、基本的には「作り上げる事」が作業の目的なので、長時間離席でそこまで咎められたりはしないはずです。

お腹が緩い人の仕事として「web業界」がオススメ:まとめ

この記事のまとめ

・web業界は自由な社風なので、好きなタイミングでトイレに行ける

・基本「デスクワーク」なので、現場仕事と違いトイレが常に近くにある。

・「デスクワーク」の中でもwebは特に離席時間にうるさくない

これらの理由から、OPPな人にとってはweb業界が最強かもしれないと思ってます。

 

条件はそれぞれの社風によるので一概には言えませんが、「お腹が弱くても出来るだけストレスフリーで働きたい」という人には、web業界は中々お勧めです。

僕のように、「何を仕事にするか」ではなく「ライフスタイル」に重きを置くタイプならなおさら。
他にも「お腹が緩い人にお勧めの職種」があれば、是非教えてください。



本日のおすすめ記事

【iPhone SEレビュー】iPhone SE 2016→2020に移行して感じたこと

2016年初頭に発売された「iPhone SE(第一世代)」を5年近く使い倒し、つい数日前に発売された「第二世代(2020年版SE)」に乗り...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

youtubeで、ゲーム実況とか、福岡散歩レポートの紹介とかやってます。
Youtubeチャンネル(外部)

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)