カテゴリー

【2018年版】「Google翻訳」を小文字化してスペースをハイフンに置換するjs

【2018年版】「Google翻訳」を小文字化してスペースをハイフンに置換するjs

本日のおすすめ記事

【70点】POV視点のゾンビパニック映画「PANDEMIC パンデミック」評価と感想

感染者がうろつく街で、「運転手」「護衛」「ナビゲーター」「医者」の4人は生き延びれるのか?常に登場人物目線で進むパニックホラー「パン...

この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316)(福岡散歩ブログも絶賛更新中!)

Google翻訳で日本語 → 英語に翻訳すると、単語のイニシャルが必ず大文字になります。

僕は翻訳した英語をそのままclass名に使用したいので、毎回自分で小文字に打ち直し、かつ単語間のスペースを「-(ハイフン)」に変更していました。(小文字でハイフン繋ぎは会社のルール)

でも毎回同じ作業をするのが面倒だったので、置換が瞬時に行えるjsを作成しました。
以下のコードがそれです。


javascript:(
function(){
var t = document.getElementsByClassName('tlid-translation');
var e = t[0].innerText.toLowerCase();
e = e.replace(/ /g,'-');
e = e.replace(/[,.'?]/g,'');
prompt('以下をコピペ', e);
}
)();

上記のソースをブックマークしておけば、Google翻訳使用後にそのブクマをクリックするだけで「全部小文字で単語間がスペース繋ぎ」でコピーできます。

ブクマの方法は簡単。

下記リンクをツールバーにドラッグすればOK
Google翻訳の小文字化

実は以前「Google翻訳の結果を小文字にしてスペースをハイフンに変換するブックマークレット」を愛用していたのですが、最近Google翻訳がリニューアルされ使えなくなりました。

たぶん上記のリンク先の方も近いうちに対応されると思いますが、どうしてもすぐに必要だったので頑張ってみました。

 

コーディングの効率化を図りたい方はこちらもどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)