福岡散歩ブログ

カテゴリー

何故か父が家を放火しようとした話(短め)

何故か父が家を放火しようとした話(短め)

本日のおすすめ記事

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】

まさか「水曜日のダウンタウン」で涙を流すとは思いませんでした・・・。かねてより話題だった「新元号当てられるまで脱出できない生活」企画...

この記事はたぶん 1 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

まだ僕が学生の頃の話。

学業を終え家に帰ると、家の中がやたら灯油臭かった。

母親がいたので「これ何の匂い?」と尋ねると、母親は「なんか父さんが保護剤みたいなのを家の外壁に塗ってて、それが灯油の匂いと似てる。」と教えてくれた。

納得した僕はとりあえずリビングに座ってコーヒーを飲んでいた。

すると直後、今度は姉が帰宅。

姉も僕と全く同じテンションで「灯油の匂いがするけど、何の匂い?」と母親に聞いた。

母親「なんか父さんが壁に塗ってたよ(←説明がめんどくさくなった)」

姉「え?家燃やすの?(迫真)」

その後に誤解を解こうとせず適当に受け答えを続けていた母親から、「急にめんどくさくなる」というO型のそれを感じた。




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考