新着記事

カテゴリー

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した

本日のおすすめ記事

旅行に行かずとも、毎日が刺激的で楽しい2つの理由

皆さん旅行に行ってますか。 僕はあまり行ってません。旅行自体はそう嫌いでは無いのですが、「そもそも毎日が刺激的で冒険のようで、だか...

この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

みんなで盛り上がれる心理戦と言えば「人狼」がありますが、人狼を更にカジュアルににした「ワードウルフ」というゲームも中々面白いです。

そしてこのワードウルフは最低人数が「3人」からのパーティーゲームなんですが、暇つぶしを専業としている僕は、ワードウルフを二人、または一人で楽しむ方法を編み出してしまいました。

2人で遊ぶ場合はカップルで、一人で遊ぶ場合は暇つぶしにオススメです。

ワードウルフとは

ワードウルフとは、複数人で議論し、仲間外れを探すゲームです。

例えば4人の参加者がいたとします。

参加者にはそれぞれ「トークテーマ」が与えられます。(トークテーマは口外禁止)

参加者A:タンバリン
参加者B:タンバリン
参加者C:トライアングル
参加者D:タンバリン

上記の場合、「参加者C」だけが仲間外れですね。
しかし、誰も他人のお題を知らない為、全ての参加者が「自分が仲間外れかもしれない」という状況です。

 

そしてゲーム開始と同時に話し合いを始め、「誰が仲間外れか」を炙り出します。

「初めて見たのは何歳くらいだった?」→「小学生」
「どこにある?」→「音楽室にあるよね」

などの当たり障りの無い会話から始め、次第に「カラオケにもあるよね」など、段々とシチュエーションを狭めていきます。

もしこの「カラオケ」というワードで全員が頷きだしたら、「トライアングル」を与えられた参加者Cは、「もしかして俺が仲間外れなんじゃね?」と気付き、多数派のトークテーマが「タンバリン」であることも見抜くでしょう。

そこまで行けば後はごまかすだけ。

そしてタイムアップ後、せーので仲間外れと思われるプレイヤーを指さします。(投票)

少数派の投票数が一番多かったら → 多数派の勝ち
多数派の誰かの投票数が一番多かったら → 少数派の勝ち

というのがワードウルフの流れです。

 

というように、ワードウルフは多数派と少数派に分かれて戦う為、最低でも3人の参加者が必要なパーティーゲームです。

ワードウルフを2人で楽しむ方法

ワードウルフの2人プレイ時のルールを説明します。

1.参加人数は、最低リミットの3人にします1.参加人数は、最低リミットの3人にします

2.ゲーム設定はお好みでOK(キャプチャ画像はデフォルト)。準備が整ったら「設定OK!」をタップ2.ゲーム設定はお好みでOK(キャプチャ画像はデフォルト)。準備が整ったら「設定OK!」をタップ

3.普通のワードウルフ同様、プレイヤー1がまずお題をチェックします3.普通のワードウルフ同様、プレイヤー1がまずお題をチェックします

プレイヤー1のお題は「キックボード」でしたプレイヤー1のお題は「キックボード」でした

4.プレイヤー2もお題をチェックします4.プレイヤー2もお題をチェックします

プレイヤー2のお題は「セグウェイ」でしたプレイヤー2のお題は「セグウェイ」でした

5.「プレイヤー3」の確認画面まで来たら、スマホを外に向けて操作します。(プレイヤー3のお題だけは誰も見ない)5.「プレイヤー3」の確認画面まで来たら、スマホを外に向けて操作します。(プレイヤー3のお題だけは誰も見ない)

代表者が、画面を見ないよう画面を外に向けて勘で操作します。
(または、お題の部分だけ何かで隠せばやりやすい)

6.恐る恐る画面をのぞき込み「ゲーム開始」のボタンが表示されていればOK6.恐る恐る画面をのぞき込み「ゲーム開始」のボタンが表示されていればOK

7.制限時間まで、プレイヤー1と2で話し合いを繰り広げます7.制限時間まで、プレイヤー1と2で話し合いを繰り広げます

2人で話し合うのは、“自分と対戦相手のお題が同じか否か?”です。
(架空の)3人目のお題がなんであったかは全く関係ありません。

今回のケースでは、
プレイヤーA → 「キックボード」
プレイヤーB → 「セグウェイ」
でしたね。

というわけで、自分のお題を悟られずに、相手のお題が何かを導き出す必要があります。

そしてタイムアップ後、せーので「同じ」「違う」のどちらかをコールします。

「同じ」 → 互いのトークテーマが同じだと推測
「違う」 → 自分とは違うトークテーマだと推測

もし両プレイヤーとも同じコールをしたら、そのゲームは引き分けです。
合っていても間違っていても引き分け。

しかしそれぞれ違うコールをした場合、勝負が始まります。

「同じ」とコールして、本当に二人のテーマが同じだった場合は「同じ」とコールした方が勝利。
「違う」はその逆。

 

本来のワードウルフは「少数派を炙りだすゲーム」ですが、このルールでは「対戦相手のトークテーマを推測しつつ、自分のトークテーマは悟られないようにする」というまた別ベクトルの心理戦が楽しめます。

実際に何が起こるのか?

以前プレイした時、僕のテーマは「チョコレート」でした。

そして対戦相手と話し合いを進めていくうち、
「“それ”は甘い」
「“それ”は茶色であることが多い」
「“それ”は四角い」
という共通点を持つことが分かりました。

僕は「相手もチョコレートだ」と確信。
そして宣言タイムになったので、僕は「同じ」とコール。
相手も「同じ」とコール。

答え合わせの為にそれぞれのテーマを暴露すると、相手はなんと「ティラミス」でした。

言われてみれば、「それは何色?」という話題になった時、相手はかなり迷って「茶色」と言っていました。(ティラミスは何層にもなっているので茶色一色ではない)(逆に、“ホワイトチョコ”とかを加味して考えていると捉えてしまった)

というように、プレイ中の心境を確認し合う「答え合わせタイム」も楽しめます

追加ルール:公平を期すため、質疑応答は交互にする

「何色?」とか「初めて見たのはいつ?」みたいな質問は、先に答えた方が圧倒的に不利です。

例えば先ほどの例だと、「色はマーブル模様」と答えられたら、僕は明らかに「相手はチョコレートじゃない」と悟ります。
そして自分が答える際に「確かにマーブル模様が多いね」と嘘をつけば良い。

 

それを回避するため、質疑応答は交互にするというルールを設けるとフェアになります。

では次項からいよいよ「ワードウルフを一人で楽しむ方法」を紹介します。

ワードウルフを一人で楽しむ方法

1.参加人数は、最低リミットの3人にします1.参加人数は、最低リミットの3人にします

2.ゲーム設定はお好みでOK(キャプチャ画像はデフォルト)。準備が整ったら「設定OK!」をタップ2.ゲーム設定はお好みでOK(キャプチャ画像はデフォルト)。準備が整ったら「設定OK!」をタップ

3.プレイヤー1のお題を確認します3.プレイヤー1のお題を確認します

はい。ここまで。
とりあえずお題は「かみひこーき」でした。

プレイヤーは、この「かみひこーき」に対して、もう一つのお題は何なのかを推理します
それだけ!

つまり、対戦相手はこのアプリの開発者です。

「何が面白いんだ?」と思われるかもしれませんが、やってみるとこれが結構面白い。

まず、ワードウルフは2つのお題がかけ離れていることはありません
「チョコレートとティラミス」のように、似ているもの同士がピックアップされます。

しかし「簡単に推測されない」ように工夫もされています。

例えば先ほどの「キックボード」の時も、「スケートボード」とかだったら安直な気がしますが、「セグウェイ」はちょっと予測しにくい。(人によると思いますが)

 

それらを踏まえて「かみひこーき」の相方は何なのかを予測します。

出来るだけ長く時間をつぶすため、複数の回答を用意し、それらを優先順位準に並べましょう。

僕の場合は・・・

①折り鶴
②紙粘土
③折り紙
④飛行機
という予測を立てました。

またワードウルフは、場が膠着した時の為に
「それを初めて見た時どう思った?」
「それは何色?」
などの質問が用意されています。

お題によっては質問とかみ合わない場合もありますが、基本的には違和感無く答えられるようセッティングされています。

もし「それを作ったことはある?」みたいな質問があると想定したら、「飛行機」という答えはおかしいですね。
だから「かみひこうき」と「飛行機」がペアである可能性は、あるとは言え少ないと踏み、④番目の優先順位にしました。

と、いろいろ考えながら答えを導き出します。

では、答えを見てみましょう。

「かみひこーき」の相方は・・・「かみひこーき」の相方は「ブーメラン」でした

 

なんでやねん。

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した:まとめ

というわけで、「ワードウルフ」を2人または1人で遊ぶ方法を紹介しました。

1人の場合は、まずは何度か通常モードでワードウルフをプレイする必要がありますね。
いくらか「開発者の癖・傾向」を知らないと、全く予測を立てられません。

ただ、ワードウルフはプレイすればするほどお題が枯渇していきます

なんだかんだ言って多人数でプレイする方が圧倒的に面白いので、1人や2人でプレイして、貴重なお題を使い切ってしまうのは少し勿体ないですね。

‎「ワードウルフ決定版【新・人狼ゲーム】ワード人狼アプリ」をApp Storeで



本日のおすすめ記事

旅行に行かずとも、毎日が刺激的で楽しい2つの理由

皆さん旅行に行ってますか。 僕はあまり行ってません。旅行自体はそう嫌いでは無いのですが、「そもそも毎日が刺激的で冒険のようで、だか...

\おすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス/
サービスポイント
U-NEXT ・他サービスよりも話題作を優先配信! ・漫画や雑誌(新刊)なども読める! ・今なら31日間無料!
Hulu ・日本の映画、ドラマ作品の配信が早い! ・今なら2週間無料! ・日本では一番人気のVODサービス!
Amazonプライム・ビデオ ・「ドキュメンタル」など、ユニークなオリジナル和製コンテンツが充実! ・独占配信アニメタイトル多め! ・「Amazon Photo」や「Amazonプライム」などの付加価値もあるので、動画を見なくてもお得!
Netflix ・充実したオリジナルコンテンツ群 ・他サービスに比べ圧倒的に使いやすいデザイン ・VODサービスでは、世界イチのシェアを誇る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)