新着記事

カテゴリー

【windows10】文字変換が重い、もたつく場合の解決策

【windows10】文字変換が重い、もたつく場合の解決策

本日のおすすめ記事

【ペーパーハウス シーズン3】強盗に成功したのに、今度の彼らは何と戦うのか?

2019年7月。 「ペーパーハウス S3」がいよいよ配信されました! 現在鑑賞中ですが、やはり面白いですね。とりあえず当記事では...

この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

最近、テキストエディタ等で文字を入力し、変換をする時に2秒くらい固まることが増えました。
他にも、ブラウザでのタブ切り替えなどももたつき始めた気がします。

最初は原因が分からず悩みましたが、先日、あることをしたら速攻で解決したので備忘録として残しておきます。

ディスク使用率が「100%」だった

さて、タスクマネージャーでたまに「CPU」や「メモリ」の使用率をチェックしてたので、今回もなんとなくそちらを見てみますが、異常なし。
しかしたまたま視界に入った「ディスク 100%」がえらい気になります。

タスクマネージャーは、
winのタスクバーの上で右クリック > タスクマネージャー
と進めば開けます。

ディスクを圧迫してる「リソース」をチェック

タスクマネージャー「パフォーマンス」タブ内に「リソースモニターを開く」というリンクがあります。
今度はそこから「リソースモニター」にアクセスし、リソースモニター内の「メモリ」をクリック。

そこで確認すると、僕の場合は「Amazon Photo」というクラウド系アプリの使用率がやたら高かった。

解決法:「Amazon Photo」をアンインストール

Amazon Photoは、画像ファイルを無制限に保存できるクラウドツールです。
確か2年前に、一眼レフカメラを購入した際に導入しました。

一眼で撮影した写真をとりあえずAmazon Photo」と連動させているフォルダに保存しておけば、あとはいつでもスマホとかでその写真を見れます。

しかしこの使い方はやはり良くなかったようで、Amazon Photoを切った瞬間、即座に「ディスク使用率 0%」になりました。

タスクマネージャー
タスクマネージャー

見ての通り、0か100か、ディスク使用率のゲージの動きが両極端です。

とりあえずAmazon Photoを切った直後から

・文字変換時、いつも通りサックサクに動く
・全体的なPCの挙動がサックサク
・ファンの音もめっちゃ小さくなった

という感動的な変化がありました。
そういえば「ファンの音うるさいなぁ」と最近思ってましたが、「長年ファンの掃除とかしてないし、やっぱり埃が詰まってるのかなぁ」とか考えてました。
でもノートPCの場合、我々が思ってる以上に埃は溜まりにくいそうです。

 

その辺は不明確ですが、とりあえず今回の件は「Amazon Photoの停止」で解決しました!

【windows10】文字変換が重い、もたつく場合の解決策:まとめ

この記事のまとめ

・「ディスク使用率が100%になる」とか「文字変換がもたつく」という症状の場合、クラウド系のアプリが原因の場合が多いらしい

・根本的な解決策として、「そのクラウドアプリを使わない」とか、「クラウドアプリ専用の外付けHDDを導入する」などがある

・筆者の場合は「Amazon Photo」が原因だった。しかも「一眼レフの画像」という大容量ファイルを同期させていたのがまずかったらしい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)