福岡散歩ブログ

カテゴリー

【75点】微かな物音で殺される「ザ・サイレンス 闇のハンター」評価と感想【Netflix】

【75点】微かな物音で殺される「ザ・サイレンス 闇のハンター」評価と感想【Netflix】

本日のおすすめ記事

【60点】ロボットに育てられた、たった一人の少女「アイ・アム・マザー」評価と感想【Netflix】

ロボットに育てられ1人で大人になった少女。 ロボットの目的は何??NetflixオリジナルのSF作品「アイ・アム・マザー」を鑑賞し...

この記事はたぶん 6 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

Netflixオリジナル作品「ザ・サイレンス 闇のハンター」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2019年
原題The Silence
上映時間90分
製作国アメリカ映画
監督ジョン・R・レオネッティ
脚本ケアリー・ヴァン・ダイク、シェーン・ヴァン・ダイク
ジャンル サバイバル,ホラー,モンスター
主要キャスト スタンリー・トゥッチ
キーナン・シプカ
ミランダ・オットー
ケイト・トロッター
ジョン・コーベット
カイル・ハリソン・ブライトコフ
デンプシー・ブリック
ビリー・マクレラン
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

人間の存在を音で感知し襲撃するどう猛な飛行生物が突如現れ、混とんとする世界。安全な場所を求めてさまよう少女とその家族は、謎のカルト集団に遭遇する。

引用:Netflix

良い点

・街が崩壊し始めるまでの展開が早く、すぐに本筋に入る

・「音を出すと殺される」という設定をしっかり活かしてる

・登場人物が「C級映画特有のアホな行動」を取らない

・崩壊直後の街が高精細映像で観れる。とてもキレイ

・一つ一つのトラブルの質がまぁまぁ高く、観ていて飽きない

悪い点

・主要登場人物に対してあまり愛着が湧かない。よって「彼らに生き残って欲しい!」という気持ちが生まれない

・「主人公グループが持ってるアドバンテージ」がそこまで優位に働いてるように見えなかった

・敵対組織の存在が弱い。インパクトに欠ける

・敵対組織との決着の付け方が雑

【ネタバレ無し】感想

微かな物音で殺される「ザ・サイレンス 闇のハンター」評価と感想【Netflix】:モンスターコウモリ:ベスプ
モンスターコウモリ:ベスプ

中々の当たり作品でした。

“凶暴なコウモリが都会で暴れまわり、音を出したらすぐ殺される”
という設定はそこまでユニークなものではありませんが、それなりに緊迫感があります。

ちょっと前にネトフリが押し出していた「バード・ボックス(2018)」という映画は、「目を開けてはいけない」という設定でした。

「バード・ボックス」と本作は、「崩壊直後の世界を、ある特定のハンディキャップを背負った状態でサバイブする」という点で非常に似ています。

そして「バード・ボックス」は、個人的にはとても残念な作品だったので、今回もガッとハードルが下がってました。

 

しかし本作は当たりです。

主人公達の行動は常に最善だし、そのうえでトラブルに巻き込まれ、生き残りつつも窮地に追い込まれていきます

一つ一つのトラブルの質や、敵対組織との対立理由そこまでユニークではありませんが、それでも十分盛り上がるものでした。

この手の作品では定番ですが、「窮地を脱する為に犠牲もいとわない」という展開は、そこそこグッと来るものもありました。

ホラー・サバイバル物として、「B級」の枠内に収まってますが、最後まで飽きずに楽しめるはず。
オススメです。

余談:「クワイエットプレイス(2018)」と似てるらしい

「クワイエットプレイス(2018)」という映画がありましたね。
そちらは未見ですが、他のレビュアーさんの感想によると、その作品とかなり似ているそうです。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

良い点:街が崩壊し始めるまでの展開が早く、すぐに本筋に入る

微かな物音で殺される「ザ・サイレンス 闇のハンター」評価と感想【Netflix】:良い点:街が崩壊し始めるまでの展開が早く、すぐに本筋に入る

やっぱりこの手のパニック作品は、

①なんか外が大変な事になってるな・・・
②こっちにも猛威が振るう前に避難しとくか
③なんか田舎の方が安全そうだから、早めに田舎に行こう。
で、移動中に暴徒に襲われる。

という定番の展開が観たくて鑑賞してる節があります。

本作はありがたいことに、予想をはるかに上回る速度で世界崩壊に突入しました。
このスピード感は素敵。

良い点:「音を出すと殺される」という設定をしっかり活かしてる

 

「音を出してはいけない」という設定が、上手い具合に緊張感の増幅に繋がってます

もはや「ステルスモード」はホラー映画の定番みたいな展開ですが、それがずっと続いてます。

また、当然ながら「音を出せない」という状況を逆手に取ったトラブルや対策が登場しますが、それらもまぁまぁ面白かった。

・少し離れたところで仲間が襲われていたので、わざと自分が発砲し、モンスターの矛先を自分に向けた。

・吠え続ける愛犬を、仕方なくモンスターの中に放つ

・敵対組織がこちらのチームに襲い掛かってきたので、わざと敵チームに掴みかかり、叫び声をあげた。

・緊急時、よりによってガラガラヘビに遭遇。

正直なところ、そこまで捻りのあるトラブル(または対処法)ではありませんが、設定を活かすには十分なイベントだったと思います。

特に「愛犬」「仲間の為に自ら死を選ぶ」という展開は、コッテリした演出も相まってそれなりにグッと来ました

悪い点:主要登場人物に対してあまり愛着が湧かない

微かな物音で殺される「ザ・サイレンス 闇のハンター」評価と感想【Netflix】:悪い点:主要登場人物に対してあまり愛着が湧かない

主人公ファミリーに対して、あまり愛着が湧きませんでした。
たぶんそれこそ「オリジナリティ」の低さが原因だと思います。

アクション、サスペンス、ホラー、パニック。
どんな作品にしても、ユニークな方法でトラブルに陥り、そして鑑賞者が思いつかない絶妙な方法で対処する、という展開があって初めて、登場人物に感情移入出来ます

本作は、残念ながらその辺りのアイディアが弱く、そのせいでキャラに愛着が湧きにくくなってます。

悪い点:「主人公グループが持ってるアドバンテージ」がそこまで優位に働いてるように見えなかった

主人公の「アリー(Kiernan Shipka)」は、事故で聴力を失っている設定です。
一見すると、「音を立ててはいけない」というこの状況では圧倒的に不利に感じますが、「聴覚障害」のおかげで、家族全員「手話」をマスターしています。

 

敵モンスターの「ベスプ」は「ささやき声」にも反応してしまう為、手話の心得は大きなアドバンテージのはず。

その話は序盤でも登場しましたが、かと言って「手話をマスターしてたから生き残れた」という展開は特になく、終盤は普通にささやき声でコミュニケーションを取っていました(もちろん安全圏だったからというのもあるが)

ただ、手話云々ではありませんが、敵対組織と「筆談」で抗議するシーンは中々緊張感がありました。

悪い点:敵対組織の存在が弱い。インパクトに欠ける

微かな物音で殺される「ザ・サイレンス 闇のハンター」評価と感想【Netflix】:悪い点:敵対組織の存在が弱い。インパクトに欠ける

これは僕の中の身勝手な原則ですが、ホラー映画に登場する「教祖」は絶対にラスボスにしてはいけません

この手のアポカリプス系ホラーは、必ずと言っていい程「宗教家」が登場します。
そして彼らは、たいてい浅はかな理念を押し付けてくるので、主人公グループと対立します。

これもマジでホラーの定番ですよね。

例えば「ミスト(2008)」という作品では、“「Mrs.カーモディ」というヤバイおばちゃんの予言が的中した”という理由で、そのおばちゃんの影響力が高まっていきます。

しかし本作に登場した「教祖」は、最初から最後まで「中ボス感」満載の小物でした。
彼が慕われる理由も説明されず、まさか彼がラスボスとは思わなかった。

 

しかもその宗教グループの目的も不明

「アリー」が薬局で機転を利かせたのを目撃し、その後から「アリー」を勧誘します。
なぜ欲しがる?

そして彼らは、何故か舌を切っています
ごめんなさい、この認識には自信ありません。ただ、舌に何かをしてる描写がありました。

「不気味さ」を演出するにはもってこいの設定ですが、いかんせん「何故?」という部分が消化しきれない為、自分の中で盛り上がれません

しかも彼らとの決着の付け方も「シンプルな近接戦」でした。
演出が中々クールだったのと、「シンプルな格闘劇で終わっちゃった」というのが逆に新鮮だったので、今思えば確かになんとなく面白かったw

それでもなんか不完全燃焼な感じは拭えません。

評価・まとめ

75点

中途半端で盛り上がりに欠けますが、それでも中々面白い作品です。
オススメです。

レビュー
レビューした日
レビュー作品
ザ・サイレンス 闇のハンター
総合評価
31star1star1stargraygray




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考