新着記事

カテゴリー

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想

本日のおすすめ記事

【70点】POV視点のゾンビパニック映画「PANDEMIC パンデミック」評価と感想

感染者がうろつく街で、「運転手」「護衛」「ナビゲーター」「医者」の4人は生き延びれるのか?常に登場人物目線で進むパニックホラー「パン...

この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

プライバシーゼロ。
全ての情報が共有シェアされる時代になったら・・・。

エマ・ワトソン主演のサスペンススリラー「ザ・サークル」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という
文章の直前までを目安にご覧ください。

予告編(トレイラー)

作品情報

公開年2017年
原題 The Circle
上映時間110分
製作国アメリカ
監督ジェームズ・ポンソルト
脚本ジェームズ・ポンソルト、デイヴ・エガーズ
ジャンル サスペンス,ヒューマンドラマ,スリラー
主要キャスト エマ・ワトソン(メイ・ホランド)
トム・ハンクス(イーモン・ベイリー)
ジョン・ボイエガ(タイ・ラフィート)
カレン・ギラン(アニー・アラートン)
エラー・コルトレーン(マーサー)
配信サイト・媒体 市販DVD
Netflix…他
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

ユーザーのあらゆるデータを蓄積し、世界ナンバーワンのシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。憧れの「サークル」に採用された新入社員のメイは、あることがきっかけでカリスマ経営者のベイリーの目に留まり、新サービス「シーチェンジ」のモデルケースに大抜擢される。

引用:ザ・サークル : 作品情報 – 映画.com

良い点

・明らかに狂ったコミュニティーの中で、何人かだけ違和感を覚える展開がディストピアものっぽくて良い

・「監視社会」の良さ・悪さを徹底的に考えさせられた

・異様なコミュニティの描き方が秀逸

・エモーショナルだけど美しいサントラが個人的にツボった。

・シチュエーションと音楽がキレイにシンクロしてる。

悪い点

・あまりにも弱すぎるオチ

【ネタバレ無し】感想

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想: 【ネタバレ無し】感想

SNSを題材とした映画は在り来たりなので、都市伝説系ホラーや殺人鬼を登場させない限り、娯楽作品として盛り上がりに欠けます。

しかし本作はユニークで面白い展開の連続で、最後までガッツリ心を掴まされました。
面接のシーンなど、現実社会で活躍できそうな面白いセリフ回しが多く、そういう細かい配慮がまた良かった。

それと「主人公だけが違和感を感じる」という設定が良い。
定番ですが、「全員、何も疑わずキラキラした目で生活してるけど、主人公と、他何人かだけ違和感を覚えている」という展開。

そしてその違和感を、「何かおかしくない?」みたいな安っぽいセリフではなく、表情だけで表す
主人公の「メイ」演じる「エマ・ワトソン」の演技力がしっかりしていた為、がっつり感情移入できました。

そして序盤~中盤にかけての全体的なストーリーの惹きつけ方も上手い。
ヒリヒリした展開が多く、飽きずにどんどん次のイベントへと進んでいきます。

世間一般では低評価のようですが、個人的には星4つ。

本作は「SNS」の問題提起をしてるわけじゃないような気がする

本作に登場する「ザ・サークル」は、「Google」「Facebook」をモチーフにしています。
「世界イチの企業」というセリフがあったのでGoogleっぽいですが、「シェア」を重視する点ではFacebookっぽい。

(サークルのBOSS「イーモン(トムハンクス)」の演説の立ち振る舞いはスティーブ・ジョブズを想起させたため、「Apple」っぽさもあった)

そんな本作は、「監視社会」に対する訴えかけ、メッセージが強く描かれていたと思います。

「秘密を失くすのは良いこと」と謳うイーモンとメイのやり取りには強く心を打たれたし、なんとなく納得するものがありました。

 

でもそれ以外の「超技術設定」や「群衆のトンデモ発想」が行き過ぎてて、全然リアリティがありませんでした。

最初は「SNSのシェアは楽しいけど、行き過ぎると大変なことになるよ」というメッセージが含まれてるのかと思ってましたが、どちらかと言うと、「もし、大手SNS企業が宗教っぽくなって監視社会を提唱し始めたら、こういう感じの世界になるよ」という「異世界系」の話だったと思います。

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

主要登場人物(キャスト)

※()内が役者名

メイ・ホランド(エマ・ワトソン)

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想: メイ・ホランド(エマ・ワトソン)

友人の「アニー」がサークルに採用され、その紹介でサークルの面接へ。
見事採用され、とんとん拍子で上に上り詰める

アニー・アラートン(カレン・ギラン)

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想: アニー・アラートン(カレン・ギラン)

メイの古くからの友人。
サークルではお偉いさんの側近。
相当出世してる模様。

イーモン・ベイリー(トム・ハンクス)

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想: イーモン・ベイリー(トム・ハンクス)

(恐らく)サークルのCEO。
小型高性能カメラを世界中に設置し、人々のプライバシーを完全に失くそうとしている。

【ネタバレ有り】感想

良い点:異様なコミュニティの描き方が秀逸

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想: 積極的に布教活動を行う二人組
積極的に布教活動を行う二人組

上記の画像は、ある二人組が、シェア活動を積極的に行わないメイに対し「もっと情報共有しよう!」と訴えかけているシーンです。
アジア人(左側の女性)が活躍してるところも大手IT企業っぽさが出てますね。

そして二人とも凄く生き生きとした表情で、隙あらばメイの選択肢を絞り、自分たちの都合の良い方に誘導していきます。
凄くマルチ商法っぽい。

この気持ち悪さはすごく良かった。

悪い点:浅すぎるキャラクター描写

 

何かのイベントが起きて、それでキャラクターの哲学が180度変わる展開が好きですが、本作はそれが急過ぎた。

例えば、メイの親友の「アニー」。
アニーは最初はキラキラした女性だったのに、急にゾンビみたいな顔色になります。

しかもそれも、「メイが注目を浴びだしてから」だったので、唐突に嫉妬に狂いだしたように見えました。
いや、実際にそうだったのかもしれません。

しかし中盤以降「サークルが提唱する監視社会に違和感を感じだす」という立ち位置だった為、「メイへの個人的な嫉妬」のみで反感してただけでは説得力に欠けます。

一応全体会議のシーンでメイに反論してましたが、あの流れだとやっぱり「嫉妬」により否定的発言をしてるように見えました。

また、明らかに本作のキーパーソンであろう「タイ(ジョン・ボイエガ)」もあまりしっかり描かれず、何をしたのか良く分からなかった。

極めつけは「両親の性行為の配信事故」
あれは中々ダークで、生々しくて、サスペンスが加速するはずの衝撃的な展開でした。
しかしそこから盛り上がるわけではなく、割とコメディライクなまとめ方で終わりました。

「監視社会になるとこういう事故が起きるよ」という簡易的な警告だったのでしょうか。
(なんにせよ、メイのベッドシーンが無かったのが残念)

ただし主人公の「メイ」が、
サークルのパリピ度の高さに違和感を感じる → 登壇して他社員の前で演説するようになる
の流れは絶妙でした。
メイを説得するイーモンのセリフにはグッと来たので、それでメイが心変わりするのも理解できました。

弱すぎるオチ

「これで終わり?」と感じるオチ。
散々「監視社会」で痛い目を見てきたのに、最後のオチが「幹部の機密情報を公開」

凄くありきたり。

幹部の二人も、ただバツが悪そうな表情をするだけ。

イーモンは世界を支配するようなことを提唱していたので、ラストでは膝から崩れ落ちるくらいのダメージを被って良かったはず。
あまり悪い感じでは描かれませんでしたが、それくらいの悪党です。

 

なのにサクっと終わりました。

本作は、「両親の性行為」と言い「ラスト」と言い、重要なシーンをライトに描き過ぎています。
そこをもう少しシリアスにしたら、一般評価はより高かったと思います。

【80点】両親の性行為がネットに・・・「ザ・サークル」評価と感想:評価・まとめ

80点

ハーマイオニーがIT企業に入社したら・・・というエロさがあります。
魔法少女がOLに扮してるだけで見もの。

レビュー
レビューした日
レビュー作品
ザ・サークル
総合評価
41star1star1star1stargray




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)