新着記事

カテゴリー

【60点】デスゲーム風コメディ「リーサル・ゲーム(原題:TARGET)」評価と感想【Netflix】

【60点】デスゲーム風コメディ「リーサル・ゲーム(原題:TARGET)」評価と感想【Netflix】

本日のおすすめ記事

【75点】「限定ジャンケン」に特化した中国版「カイジ(実写映画)」が最高だった(評価と感想)

「限定ジャンケン」を原作通りのルールでしっかりと実写化した、中国製実写版「カイジ 動物世界」を鑑賞しました。 いつも通りネタバレ無し情報を...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

密室に閉じ込められた9人の男女が生存する為に奮闘するコメディ映画「リーサル・ゲーム」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

※当記事は
「リーサル・ゲーム ネットフリックス」
「リーサル・ゲーム 評価」
「リーサル・ゲーム 感想」
「TARGET ネットフリックス」
「TARGET 評価」
「TARGET 感想」
などのワードで検索される方におすすめです。

予告編(トレイラー)

※日本語字幕無し

作品情報

公開年2018年
原題TARGET
上映時間90分
製作国インドネシア
監督ラディティヤ・ディカ
脚本ラディティヤ・ディカ
ジャンル コメディ、ホラー
主要キャスト ラディティヤ・ディカ
チンタ・ラウラ・キール
サムエル・リザル
ウィリー・ドザン
アブドゥル・アルシャッド
ヒフシ・ホイル
ロミー・ラファエル
リア・リッチス
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

無人のビルに閉じ込められた9人の男女を襲う死のゲーム。全ての行動は記録され、生きてビルを出られるのは1人のみ。この狂気から生還できるのは、一体誰なのか?

引用:Netflix

良い点

・セットのクオリティーが高いので、デスゲーム好きとしてはビジュアル的に気持ち良い

・美女枠がちゃんと美人でセクシー

・コメディ作品なのに、最後はちゃんとサスペンス性の高い終わり方をする

悪い点

・特に無し

【ネタバレ無し】感想

リーサル・ゲーム(原題:TARGET):ルール違反を犯すと首輪が爆発する
ルール違反を犯すと首輪が爆発する

登場人物は全員役者
「TARGET」という映画の撮影の為に集まった9人でしたが、食事に盛られた睡眠薬で眠らされ、どこかの廃ビルで目覚める。
そしてそこで、「ゲームマスター」の指示に従って「TARGET」という本物のデスゲームをしていく。

全体的な雰囲気は「SAW」とか、少し前に日本で流行った「デスゲーム漫画」そのもの。
「それ系のギミックを使ってコメディに落とし込みました」という、いかにも頭悪そうな(誉め言葉)映画です。

海外のこういうコメディ映画のセンスは日本のお笑い好きには中々ハマらないと思いますが、捻りの無いドシンプルな展開は、何も考えずに観れるのでいいですね。

デスゲームにクオリティーを求めてはいけない

言わずもがな、ですが、本作はコメディなのでデスゲームのクオリティーが低いです。

・6発装弾のリボルバーでロシアンルーレットをしろ

・なぞなぞに面白く答えろ

・それぞれに銃を一丁ずつ渡すから殺し合いをしろ

とかそんな感じ。
脱落者への肉体的ダメージがユニークだったり、機転一発で状況を打破するというカタルシスがあるような作品ではありません。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 
ラストだけちょこっと「どんでん返し」的な雰囲気を漂わせて終わりました。
でもまぁここは取って付けたような感じです。

今思い出せる限りでは、食事中にキャスト全員が睡眠薬で眠らされる際、一番最後に気を失ったのが黒幕の「ヒフジ」でした。
ちゃんと全員が眠りに落ちたのを確認してから気を失うフリをしたんですね。

あと「ルール違反を犯すと感電する」という描写があったのも確かヒフジだけだったので、他のキャストにルールを守らせるために、あれは演技をしていただけなのでしょう。

評価・まとめ

60点

見終えた後に本物のシチュエーションスリラー映画が観たくなる作品でした。

レビュー
Video Image
レビューした日
レビュー作品
リーサル・ゲーム(原題:TARGET)
総合評価
31star1star1stargraygray
作品タイトル
リーサル・ゲーム(原題:TARGET)
作品内容
密室に閉じ込められた男女。彼らに仕向けられたデスゲームは、なぜか変な方向に・・・
作品公開日
2018



本日のおすすめ記事

【75点】「限定ジャンケン」に特化した中国版「カイジ(実写映画)」が最高だった(評価と感想)

「限定ジャンケン」を原作通りのルールでしっかりと実写化した、中国製実写版「カイジ 動物世界」を鑑賞しました。 いつも通りネタバレ無し情報を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

youtubeで、ゲーム実況とか、福岡散歩レポートの紹介とかやってます。
Youtubeチャンネル(外部)

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)