福岡散歩ブログ

カテゴリー

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】

本日のおすすめ記事

【60点】ロボットに育てられた、たった一人の少女「アイ・アム・マザー」評価と感想【Netflix】

ロボットに育てられ1人で大人になった少女。 ロボットの目的は何??NetflixオリジナルのSF作品「アイ・アム・マザー」を鑑賞し...

この記事はたぶん 8 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

まさか「水曜日のダウンタウン」で涙を流すとは思いませんでした・・・。

かねてより話題だった「新元号当てられるまで脱出できない生活」企画が放送され、実際に鑑賞しました。
マジで感動した・・・。

「やらせ」だの「たばこ中毒とかヤバイ」だの色々言われてますが、かなり面白い神企画だったと思います!

※関連記事は最後にまとめて紹介します

企画内容

・3/31。ターゲットの「ななまがり(お笑いコンビ)」の二人は、何も知らされないまま「平成荘」というアパートに監禁される

・「平成荘」にはスマホやテレビが無く、ななまがりの二人は新元号が何かを知らない。

・「平成荘」から出る為には「新元号」を当てる必要がある

・解答権は5分に一度。つまり最大でも、一日(1440分)に「288回」しか解答できない。

・平成荘は何故かめちゃくちゃ寒い

大まかなルールはこんな感じです。
無謀とも思えるこの企画に、「ななまがり」という月収4万円のお笑いコンビが強制参加させられます。

「ななまがり」は、ツッコミの「初瀬はつせ」とボケの「森下」から成るコンビで、キングオブコント2016のファイナリストでもあります。

そして二人とも大卒で、最低限の常用漢字は理解してそうという理由で選定されました。(他にもいくつかの理由があった)

また、企画が進行するにあたりいくつかの「特殊ルール」も明らかになっていきました。

特殊ルール解説

特殊ルール①お金

一日に2,000円が無条件にチャージされます。
他にも、後ほど説明する「漢字クイズ」の結果でも賞金が入ります

そしてこれらのお金を使い、「食料」「たばこ」「ヒント」などを購入することが可能。

特殊ルール②漢字クイズ

 

一日に一度やって来るボーナスタイム

「“かん”と読む、画数の多い漢字を書きなさい。(画数×200円が賞金となる)」
というようなクイズで、制限時間は10分。

もし間違えたら不正解となり、賞金は得られません。

特殊ルール③ヒント

「松」「竹」「梅」の3ランクのヒントがあり、これらのヒントはお金で購入できます。

ヒントはそれぞれ
松:3,000円
竹:5,000円
梅:10,000円
と非常に高価格。(ちなみにポテトチップスは200円)

というわけで、このようにかなり過酷な状況下で、「ななまがり」のお二人は「令和」を目指して奮闘します。

参加者の「ななまがり」が本当に凄く良かった!

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】: ななまがり(左:森下、右:初瀬)
ななまがり(左:森下、右:初瀬)

マジでもう一気にななまがりの事が好きになりました。
きっとこの企画で彼らの好感度は爆アガリした事でしょう。

ツッコミの「初瀬」さんはガタイが良く、恐らくななまがりの「しっかりした方」だと思います。
しかし要所要所でボケの「森下」さんが一気に正解に詰め寄る箇所があり、「令和」をかする度に「うぉーーー!!!それや!!」と感動できましたw

喫煙シーンが熱い!

「料金表」を見ながら、獲得賞金で何を買うか悩む二人。

結果的に「お風呂」や「食事」には一切手を付けず、二人が注文したのはなんと「たばこ1本(50円)」
(二人なので100円)

台所で、一緒にたばこを吸いながら「美味ぇ」と喜ぶシーンにはとても癒されました
「全てのストレスが消えていく・・・」というのも、中々味わい深い表現です。

彼らはまた別の日にたばこを購入するのですが、企画中2本目のたばこを吸いながら彼らは、「俺たち売れてないとか言うてたけど、ホンマは恵まれてたんやなぁ」と、今までの生活について感謝を始めます

 

もうこのシーンは本当にグッと来た・・・。

過酷な状況での休息シーンはそれだけでも癒されるのに、二人の仲の良さ、人間味がしっかり伝わる、本当に最高のシーンでした。

「ヒント」の難易度バランスが最高!

常用漢字2文字の組み合わせは「約228万通り」だと言われています。
その中からノーヒントで「令和」に辿り着くのは無理ゲーです。

しかし本企画には「ヒント」という制度があり、おかげで企画がめちゃくちゃ面白くなりました。

ヒント内容は以下の通りです。

松:3,000円
「新元号発表直後」の街頭インタビュー映像(最初に購入)

竹:5,000円
放送されなかったが、スタッフのツイートによると「過去の元号一覧」らしい。

梅:10,000円
謎の「ランプ」。

意気揚々と「梅」のヒントを購入したななまがりは、「謎のランプ」に戸惑います。
そのランプについての説明など何も無かったようで、ただなんとなくコンセントに繋ぎ、訳もわからぬまま解答を続けます。

しかしそのランプにはある秘密がありました。

 「ランプ」の点灯ルール

・ランプは「大」「中」「小」3つの光り方をする

・「大」は、「令」か「和」のどちらかの漢字を使って回答すると光る

・「中」は、「R」から始まる回答をすると光る

・「小」は、画数が「令和(13画)」と一致したら光る

・複数の条件にヒットしたら、その回数分光る

・ななまがりの二人は、ランプの光り方が何を指すのか知らない

伝説の「歯姫」という回答

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】: 伝説の「歯姫」
伝説の「歯姫」

しっかりと誠実そうな元号を予想する初瀬に比べ、ボケの森下は、かなりすっとんきょうな予想を連発します。

 

その中でも伝説的に面白かったのが「歯姫」という回答w

番組を見てる時は「狙ってやってるのか」「頭がおかしくなってるのか」なども意識せず、なんとなく流すように見ていました。
しかし後で考えるとめっちゃ面白いw

一刻も早くこの部屋から出たいのに、「歯姫」と回答する森下さんww

しかも当初から二人は、「平成」「昭和」「明治」「大正」のイニシャルである、H・S・M・Tは無いと踏んでいました。
だからそれを意識して元号を予想してたのですが、この「歯姫」は「H」ですw
平成と被ります

それをすまし顔でサラリと予想する森下さん

これはマジで名シーンでしたw

二人の機転で一気に近づく!

「歯姫」などの事件もありつつも、二人は「ランプ」の仕組みに苦しめられます

そもそも二人は、ランプの光り方が3パターンである事すら知りません
そこから解明しないといけないのです。

しかし二人は、何度も何度も回答を重ね、いよいよどちらかの一文字が「和」であることを突き止めます

 

「和」という字を入れて回答すると確実にランプが大きく光るので、それで確信した様子です。

また、ランプの仕組みを確認する為にあえて「礼非」と回答し、今度は「小」「中」と光りました。
小は「画数一致」で、中は「Rで始まる」という条件ですね。

回答直後は良く理解してなかったお二人でしたが、次第に「トータルで13画」であることを突き止めます。
しかも、うち一文字は「和」だと確信してる状況。

更に、イニシャルも「R」だと、なんとなく分かってる様子でした。

つまり、「二文字目は“和”で、一文字目はRから始まる5画の漢字」というところまで突き詰めたのです!

この頃から、森下さんが「“れいわ”とか…」などと言いだします。

もちろん彼らは答えを知らないので何気なく言ってますが、正解を知ってる我々やスタジオは、「それー!!!」と感極まります・・・。

そして最後、二人は「新元号は、“令和”です」とフリップを上げます。
「ピンポン」と音が鳴り、つい「よっしゃー!!!」と雄叫びを上げる二人。

ここで僕も涙を流してしまいましたw
本当にうれしかったw

晴れて脱出に成功した二人

総回答数:921回
拘束時間:98時間40分(4日と8時間40分)

二人は4日ぶりに日の光を浴びました。
玄関ドアを出てすぐに「真昼間やん」と言っていた事から、部屋の中には日の光が差し込まなかったようです。

スタッフは二人に、「水曜日のダウンタウンです」と、ここで初めて番組名を告げます。
そこでまた喜ぶ二人。

まだまだ売れてるとは言えない二人にとって、ゴールデン出演は相当嬉しいはずです。
僕はもう二人に完全に心を奪われているので、彼らが喜ぶ瞬間が本当に嬉しい

ちなみにこの時ななまがりの二人は、スタッフから「本企画は20分くらいのコーナーとして使う」と聞いていたそうです。

しかし後で、「60分まるまる使う事になった」と連絡があったらしく、その時も相当喜んだそうw
そりゃ嬉しいですよね・・・

これからの活躍もめちゃくちゃ期待します!
是非キングオブコントに帰ってきてください!

スタッフたちの涙ぐましい努力

 

なんだかんだ言って、彼らの裏で頑張り続けた「スタッフ」の努力も計り知れません

スタッフも彼らと同様に一か所に籠り続け、そして彼らの回答をジャッジしていたはずです。
更に「いつまでこの仕事が続くか分からない」という過酷な状況。

スタッフたちもまた「ななまがりの正解」を祈っていたことでしょう。

だから森下さんが「れいわとか・・・」と口ずさんだ瞬間、スタジオと同じように盛り上がったかもしれません。
もしかしたら僕のように泣いていたかもしれません。

しかもスタッフは、ななまがりが「ヒント(梅)」を手に入れてから、画数なども毎回チェックする必要がありました
もちろん一つの審査ミスで、その後の回答が大きく狂う可能性があるので、画数チェックは入念に行っていたはずです。

そんな状況をずっと耐え続けてくれたスタッフにも感謝です!

個人的名場面

グッと来たセリフやシーンをまとめました。

「“一文字目、頑張ったなー”も分かるやん」

正解回答直前

これは、いよいよ「令和」を回答する直前の森下さんのセリフです。

彼らは最初に「ヒント(松)」を購入し、ヒントとして「新元号発表直後の世間の声」を聞いています。
その中で「一文字目頑張ったなー、と思った」という声があり、この事をちゃんと森下さんは覚えていたのです。

そして最後、「礼和」「霊和」などの回答を行い、いよいよ最後「令和」を提出する直前にボソッとそう言いました。
なんとなく、胸が撃たれた一言でした。

歯姫

森下の回答

アホ過ぎるwww
色々おかしいwww

でも、既に答えを知ってる我々だから「歯姫とか絶対に無い!」と分かるだけで、極限状態の彼らは、ちょっとでも可能性を感じたらそれを確かめる必要があります・・・

 

にしても「歯姫」は無いww

一文字はさすがにアレやから・・・

初瀬を抑える森下

ちょっとうろ覚えですが、何かの確認作業で、初瀬さんが一文字(恐らくひらがな)で回答しようとします。
その時、森下さんが冷静に「一文字はアレやから…」と止めに入りますw

どういう展開でそうなったのか忘れましたが、今までしっかり者だった初瀬さんが天然を出した瞬間だったので、めちゃくちゃ癒されましたw

よっしゃー!!!!!!!

正解直後の二人のセリフ

見事正解し、「ピンポンピンポン!!」と正解音が鳴った直後の二人のリアクションです。
そりゃもうめちゃくちゃ嬉しいでしょう・・・・
見ているこっちまで嬉しくなれた・・・

これは本当に、ただただ名シーンでした。

うん!シンプルッ!

改めて「令和」という元号についての初瀬の感想

監禁部屋から脱出し、改めて「令和」と書いた紙を見て初瀬さんが一言。
「シンプルッ!」

いや、まぁ色々思うことはあるでしょうけど、元号どうこうよりも、そこから脱出したという喜びの方が勝ってるようでしたww

これの為に、僕、書き留めてたんですよ。画数の多い漢字を。

初瀬のセリフ

一度目のチャンスタイムを踏まえ、大まかなシステムを把握した初瀬さんは、二度目のチャンスタイムまでに、とにかく画数の多い漢字を書き留めていました。

今回のお題は「かん」
そして、なんと初瀬さんは、常用漢字の中で最高画数を誇る「(23画)」を提出

見事4,600円を獲得しました。

初瀬:幸せやったんやなー。俺たち。
森下:全部よ。飯もさ、風呂もさ。
初瀬:売れてないから、全然なんかもうアカンわって思ってたけど、幸せな日々を送ってたよ。
森下:気付かせてくれたな

付かぬ間の休息を取りながら

それぞれ2本目のたばこを吸いながらそう語る二人。。。
直後、わざとブルージーで笑えるような演出で流されましたが、ここはマジで涙を誘いました・・・。

ちょっとーーー!!!!ちょっとー!!!あああああ!!!

3度目のチャンスタイムの回答直後

これ・・・
めちゃくちゃ歯がゆかったシーンです・・・・。

4日目のチャンスタイム、お題は「じょう」でした。
そこで二人は「醸」という漢字を提出しますが、「酉(とりへん)」の下側の横棒を書き損じてしまい、賞金はゼロ・・・。

二人は悔しそうに頭を抱えていました。
その時、後ろに倒れ込んでいた初瀬さんのセリフが「ちょっとー!!!」ですw

ちなみに「醸」が成功していたら、20画で4,000円獲得出来ていました。
つまり、この段階で「ヒント(梅)」が購入できたのです。

しかしここでミスをしてしまったが為に、ヒントがまた一日先延ばしに・・・・。
相当悔しかったことでしょう。

 

このシーンはナレーション処理で済まされましたが、見ていてかなりガックシ来た瞬間でした。

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】:まとめ

以上、「新元号当てるまで監禁企画」の感想でした!
「ななまがり」のお二人の今後の活躍に期待大です!




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考