新着記事

カテゴリー

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想

本日のおすすめ記事

【ペーパーハウス シーズン3】強盗に成功したのに、今度の彼らは何と戦うのか?

2019年7月。 「ペーパーハウス S3」がいよいよ配信されました! 現在鑑賞中ですが、やはり面白いですね。とりあえず当記事では...

この記事はたぶん 5 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

2500年かけて地球を別の太陽系に移動するSF超大作「流転の地球(Netflix)」を鑑賞しました。
いつも通りネタバレ無し情報を書いた後にネタバレしていきます。

まだ未鑑賞で、「とりあえず面白いかどうかだけ知りたい」という方は、「※ここからネタバレを含みます。」という文章の直前までを目安にご覧ください。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

予告編(トレイラー)

※日本語字幕無し

作品情報

公開年2019年
原題The Wandering Earth
上映時間125分
製作国中国
監督グオ・ファン
脚本コン・コーアル
イェン・トンシュイ
グオ・ファン
イェ・チュンツォー
ヤン・チーシュエ
ウー・ティー
イェ・ルーチャン
JJ・シェン
原作 「The Wandering Earth(Chinese: 流浪地球)」
(原作者:Liu Cixin)
ジャンル SF,スペクタクル
主要キャスト ウー・ジン
チュ・チューシャオ
チャオ・ジンマイ
リー・グアンジエ
ン・マンタ
マイク・スイ・カイ
クー・ツィンツィン
ヤン・ハオユー
アルカージー・シャログラツキー
ライ・チァイン
ヤン・イー
チアン・チーカン
チャン・ホアン
配信サイト・媒体 Netflix独占
※記事公開時の情報です

あらすじ・みどころ

太陽系を離脱するべく移動を始めた地球。今、木星との衝突の危機が迫り、地球の命運は名も無きヒーロー達に託された。人類の存亡をかけた、壮絶な戦いが始まる。

引用:Netflix

良い点

・登場人物が特徴的でごちゃごちゃにならない

・2時間の中にイベントがこれでもかと詰め込まれており、中だるみしない

・スペクタクル作のテンプレのような脚本だが、そんなに悪くない

悪い点

・時々何やってるか分からなくなることがあり、魅せ方が若干不親切

・人によってはこの手のCGは受け付けないかも

【ネタバレ無し】感想

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想:【ネタバレ無し】感想

中国では大ヒットを飛ばしたらしい本作。
前半の「地下世界での生活」は良い感じに窮屈感があり、その退廃的な感じが良かった。
そこから主人公たちは十数年ぶりに地上に出る・・・。

ゴゴゴ…と上がっていく感じや、昔と違い凍り付いた地上など、序盤は中々ワクワクするものがありました。

そしてそこからドシドシと押し寄せるトラブルに巻き込まれ、最終的には地球を救うメインチームになるのですが、どこを取っても王道的展開です。

・脚本
・演出
・音楽

全てハリウッド系作品で見た事があるような感じ。
でも不思議と退屈せず、最後まで彼らのことを応援してしまいました。

終盤はみんなで力を合わせ最後のトラブルに対処するのですが、若干突っ込みどころがありつつも、何も考えずに見てたら胸が熱くなる展開でした。

いや、普通に良い映画でした。

「スペクタクル映画なのに主人公が坊主」
というところに拒絶する気持ちも分かりますが、1時間30分くらいしたら慣れます。(2時間映画)
オススメ作品です。

【ネタバレ有り】感想

※ここからネタバレを含みます。
 
 
 
 

ラストまでのざっくりストーリー

人類は生存に向け壮大な計画を策定
地球を4.2光年先まで移動させるというものだ
計画は5段階

第一段階は、“地球エンジン”1満基と1万か所の地下都市を、全力を投じて建設する

第二段階、
赤道上のトルクエンジンを起動して時点を止める
すると巨大な津波が発生して世界の人口が半減する

第三段階
太陽と木星の引力により地球は加速し、本格的な旅に出る

第四段階
太陽系脱出後、地球エンジンを全開させ500年かけて加速してから、1300年間滑空を続ける
さらにエンジンの向きを変えて700年間減速する

第五段階
地球は目指す恒星こうせい系にとどまり、
そこの新しい惑星となる

地球流転計画の内容

 

どうですか。このぶっ飛んだ計画内容

「太陽が肥大化し、100年後には地球を飲み込む」という問題を抱えているそうですが、移動中のリスクとかいろいろ考えたら、もうあきらめてゆったり暮らしたいような気もします。

だからこそ逆に「どうせ死ぬんだし、地球ごと移動しよう!」と吹っ切れてしまったのかもしれません。

とりあえず劇中は、計画における「第三段階」か「第四段階」のようです。
地球は既に移動しています。

そして冒頭ではまだ4歳だった主人公「リウ・チー」は、地下都市で育ち10代後半になりました。

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想: リウ・チー(役:Qu Chuxiao)
リウ・チー(役:Qu Chuxiao)

そんな「リウ・チー」は、義理の妹「ハン・ドゥオドゥオ」と地下施設を抜け出します。

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想: ハン・ドゥオドゥオ(役:Zhao Jinmai)
ハン・ドゥオドゥオ(役:Zhao Jinmai)

抜け出した真意は忘れましたが、この手の映画に登場する子供は、たいていセーフティーゾーンを抜け出したがるので納得してます。

リウにとって久しぶりの地上。
ハンにとっては初めての地上です。

全てが氷に覆われ、地上は正に氷河期と言った感じ。
気温は-80℃を下回っているので、防護服が無いとまず生きられません。

リウ達は政府のカーゴトラックを盗み、それで脱走を図ります。
しかし捕まってしまい、留置場で「ティム」というお調子者の金髪青年と会います。

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想: ティム(役:Mike Sui)
ティム(役:Mike Sui)

そして丁度そのタイミングで巨大な地震が発生。
地球流転計画が壊れ始めます。

留置場も崩れはじめたので、「リウ」「ハン」「ティム」「リウ達を助けに来たリウのおじいちゃん」の4人は、カーゴトラックで脱走。
そこを徴兵(徴用)され、「CN-171-11救援隊」に半ば強制的に加わります。

 

まるでゲームのようなイベント展開ですね。

そしてここからどんどん地球の不具合が加速し、何度も何度もトラブルに見舞われます。

最後には「地球は完全に終わる」という状況になり、ミッションを遂行してるチームは「CN-171-11救援隊」のみとなりました。
もちろん彼らだけでは人員が足りず、そして主人公の妹「ハン」が人類に向けベタベタな演説をし、既に避難を開始していた他部隊の人たちが助けに戻ります。

これで、「皆で力を合わせて見事ハッピーエンド!」になりかけましたが、あとちょっとのところでエネルギー不足に。
仕方なく「宇宙センター」側に居た「リウ」の父親が、宇宙センターの燃料を積んだまま、地球エンジンの噴射線上に突っ込みます。

これにより見事地球は助かりました。

この後に最後のイベントが起こりますが、それも今までの伏線を回収する形で回避します。

~3年後~
日常を取り戻し、皆に尊敬される存在となったリウは、未だに運転が下手だった~(エンドロール)

雑な展開もあったが、トータルで楽しめた

リウのじーちゃんは、「隊員が命を張って救ってくれたけど死んだ」という感じで死にました。
じーちゃんを救った隊員の男気、機転は素晴らしく、中々グッと来ました。

しかし救われたじーちゃんは、防護服に穴が開いてしまったせいで結局すぐに絶命しました。

何この展開、逆に新しい。

「脇役が自分の命を無駄にして誰かを助ける」という展開は、たいてい後に繋がります。
しかしこのイベントは、どこかに繋がること訳でもなく、じーちゃんは亡くなりました。

 

逆にリアルな展開ですが、あらゆる展開やサイドストーリーにも意味が与えられることに喜びを感じるので、ちょっと雑な展開だったように感じました。

これ以降ちょっと斜に構えてしまいましたが、意外と受け入れられる展開ばかりでしたね。
良作です。

【60点】Netflixで稀に見る超大作「流転の地球」評価と感想:評価・まとめ

60点

何故か緊迫感に欠けるが、地上でのトラブルは面白く、宇宙ステーション側の戦いも中々良かった。
全体的にCGが微妙で、「最新ゲームのムービーシーン」のような印象だが、B級SFに見慣れていれば問題無い。

そんな感じの作品です。

レビュー
レビューした日
レビュー作品
流転の地球
総合評価
31star1star1stargraygray



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)