福岡散歩ブログ

カテゴリー

【ネタバレ有】アニメ版「約束のネバーランド(8話)」から見る伏線の大切さ【シスター・クローネ】

【ネタバレ有】アニメ版「約束のネバーランド(8話)」から見る伏線の大切さ【シスター・クローネ】

本日のおすすめ記事

【60点】ロボットに育てられた、たった一人の少女「アイ・アム・マザー」評価と感想【Netflix】

ロボットに育てられ1人で大人になった少女。 ロボットの目的は何??NetflixオリジナルのSF作品「アイ・アム・マザー」を鑑賞し...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

約束のネバーランドのアニメ版を「Amazonプライムビデオ」で追いかけてます。

EP8のタイトルは「021145」で、主人公たちにとって敵である「シスター・クローネ」にフォーカスしたエピソードでした。

そして実際にこのエピソードを見終えて、面白かったのはもちろん「伏線って大事だな」と考えさせられる部分もあったので、その辺りを考察します。

※当記事は、「約束のネバーランド(アニメ版):エピソード8」までのネタバレを含んでいます。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

「シスター・クローネ」を通して「ママ」の仕組みが描かれる

【ネタバレ有】アニメ版「約束のネバーランド(8話)」から見る伏線の大切さ【シスター・クローネ】:グランマとクローネ
グランマとクローネ

エピソード8にて、まさかまさかの「クローネ」が殺されます
クローネはかねてより「イザベラ」の悪事を暴き、「補佐」から「ママ」に昇進することを望んでいました。

しかしどうやら「イザベラ」は「クローネ」が水面下で自分を貶めようとしていることに気付き、「グランマ」と協力し、クローネを排除します。

今まで「エマ達」目線でストーリーを追ってきた我々は、鬼ごっこ中の「クローネ」の形相などから、クローネに対し相当な恐怖心を抱いています

しかし「クローネが殺される直前」の回想シーンで、「クローネが今の立場になるまで」を見せられます。

【ネタバレ有】アニメ版「約束のネバーランド(8話)」から見る伏線の大切さ【シスター・クローネ】:エマ達と同じように孤児院で過ごすクローネ
エマ達と同じように孤児院で過ごすクローネ
【ネタバレ有】アニメ版「約束のネバーランド(8話)」から見る伏線の大切さ【シスター・クローネ】:その手には、まだボロボロになる前の人形が
その手には、まだボロボロになる前の人形が
 

その成り立ちはエマ達と大差ないので、この回想シーンひとつで一気にクローネに感情移入出来ました

クローネが大事にしていた「ボロボロの赤ん坊の人形」も、今までは「クローネをヤバイ奴として描くための小道具」だと思っていましたが、実は幼少期からの「心の拠り所」だったと、回想シーンを通して我々は理解します。

この回想シーンのおかげで我々はクローネの死を悲しむことができ、そして「絶対逃げろよ。クソガキども・・・」というセリフにも、めちゃくちゃ熱くなることができたのです。

物語をより深く、熱くするために、この回想シーンは必要不可欠なものでした。

ママたちは皆「武道」を学んでいたという事実

【ネタバレ有】アニメ版「約束のネバーランド(8話)」から見る伏線の大切さ【シスター・クローネ】:ママたちは皆「武道」を学んでいたという事実

クローネの回想シーンにて「柔道の訓練」が描かれていました。
これが後の「エマの骨折」に繋がります。

ノーマン、エマ、イザベラの3人が壁際で話し合った後、ノーマンは「分かったよママ、もう良い子は辞める」と笑顔で告げ、ノーマンはロープの元へ、そしてエマはイザベラを制止しようと、イザベラに抱きつきました

この時、我々鑑賞者はどことなく嫌な感じがしたはずです。

 

エマ達は、「ママがみんな訓練を受けている」ということを知らず、しかし鑑賞者は先ほどの回想シーンでそれを知っている・・・

すると案の定「ゴキィッ・・・」という鈍い音がして、エマの足が折られました

正しく先ほどの回想シーンが「伏線」として活きた瞬間です。

もしあの伏線がなければ、「ママが武道家」という設定が急に登場したように見えて、鑑賞者は面食らってしまうはずです。

しかしちゃんと「訓練を受けている」という描写を見せたおかげで、我々はちゃんと「嫌な予感」を感じることができました

まとめ:伏線はやっぱり大事

物語を作る上で、この辺りの「事前説明」は当然のように行われるので、わざわざ考察する程のことではないかもしれません。

 

でもこういうところも意識すると、創作物がもっと楽しめるような気がします。




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考