福岡散歩ブログ

カテゴリー

【水ダウ】「落とし穴バトルロワイヤル」の戦略性が凄い!トレエン「たかし」は何故「故障中」のトイレに入ったのか?

【水ダウ】「落とし穴バトルロワイヤル」の戦略性が凄い!トレエン「たかし」は何故「故障中」のトイレに入ったのか?

本日のおすすめ記事

【水ダウ】「新元号当てるまで監禁企画」がマジで名場面の連続だった【感想】

まさか「水曜日のダウンタウン」で涙を流すとは思いませんでした・・・。かねてより話題だった「新元号当てられるまで脱出できない生活」企画...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:ヘタレブロガーのぱっかん(@pakkan316

2017年4月16日に放送された「水曜日のダウンタウン」の企画「落とし穴バトルロワイヤル」を今更ながら観ました。

その企画内の終盤、畳みかけるように「“たかし(トレンディエンジェル)”の戦略」が明らかになり、その戦略性の高さから恐怖すら覚えました。

その「ライアーゲーム」的な展開があまりに面白く、しかし「たかしは何故わざわざ“故障中”のトイレに入ったのか?」が腑に落ちなかったので考察しました。

「落とし穴バトルロワイヤル」とは?

参加者 松野明美
矢口真里
小峠英二(バイキング)
たかし(トレンディエンジェル)
みやぞん(ANZEN漫才)
西村瑞樹(バイキング)場回し要因
ルール あるキャンプ地に、合計10個の落とし穴が掘られている。
プレイヤーにはそれぞれ「持ち穴」が2個割り振られ、自分の持ち穴だけはマイマップで確認できる。
しかしそれ以外の穴の位置は知らない。
プレイヤーは、自分以外のプレイヤーを自分の穴に誘導し、落とす必要がある。
ゲーム中の成績はなんであれ、最後まで生き残れば勝者となる。

こんな感じの単純なルールです。

中盤まで、松野明美の誘導の仕方があからさまだったり、場回し要因の西村のアホさや、スタッフ転落などの事故などでめちゃくちゃ面白かったですが、個人的に一番痺れたのは「タカシの奇策」でした。

「トレエン たかし」の計画

こっそり「みやぞんの地図」を盗んでいたたかしは、既に失った穴を除外してもまだ3つの落とし穴を持っている。
ゲーム終盤、生き残りは小峠とたかしのみとなり、しばらく膠着状態が続いた。

「このままではラチがあかない」という状況だが、尿意を催した二人は仮設トイレへ。

仮設トイレは2つ用意されており、右側のトイレには「故障中」の張り紙が。
そんな中たかしは、何故か「故障中」のトイレに慎重に入る

当然小峠はそれについてツッコみを入れるが、その後に左側のトイレに入ろうとする。
そこで罠にかかる。

さて、この直前の「休憩シーン」では、たかしが小峠に「紙カップ並々のお茶」を差し出していました。
それに対し小峠は「こんななみなみぐ?見た事ある?ここ何年かで。お茶こんな量飲んでるやつ」とツッコみを入れていましたね。

 

しかしこの時点でたかしの計画は始まっていました

そう、たかしは小峠をトイレに行かせたかったのです。

そして「故障中」の張り紙も、実はたかしが用意したものでした。

たかしは「左側のトイレ前に落とし穴がある」と把握していたので、右側に「故障中」を貼り、左側に小峠を誘導したのです。

しかしそうなると、「何故たかしは“故障中”に積極的に入っていったのか?」が分かりません。

「故障中」に先に入ったたかしの真相

・故障中の張り紙
・お茶をたくさん飲ませた

さて、ここまで下準備が揃えば後は待つだけでタカシは勝てたはずです。
実際にたかしは「正直俺あと1時間でも2時間でも待とうかなと思ってたんですよ」と言っていました。

ではなぜ、たかしはあのタイミングでわざわざ「故障中」のトイレに入っていったのでしょうか。

 

恐らくですが、「お前が先に行けよ」の流れを回避する為だったと思われます。

二人は膠着状態が続き、当然警戒していました。

そこで、「二つのうち片方が故障中のトイレ」を見つけたら、当然「先攻」の押し付け合いが始まります。

たかしは後輩なので、恐らく「小峠さん先に行っていいですよ」と言うでしょう。
これは自然なセリフですね。

しかし小峠も当然怪しんでいるので、「いやお前が先行けよ」と言っていたことでしょう。

そしてこの上下関係がかかわるやり取りの末、たかしが「いや、小峠さん先に行ってくださいよ」と言い張るのはかなり不自然です。
恐らく小峠は「明らかに怪しい」と確信するでしょう。

それを回避する為に、たかしは勝負に出たのです。

「自分からわざわざ故障中のトイレに入る」というのは、めちゃくちゃ様子がおかしいです。
違和感しかありません。

しかし先ほどの「先攻の押し付け合い」は回避できます

後は、小峠が穴に落ちるまでトイレに入り続けていればOK。
普通に用を足して出てしまうと、小峠も「故障中」に入ってしまう可能性がありますからね。

 

そう考えると、張り紙なんかせず、単に「先に右側に入る」とかでも良かった気がしますが、まぁ序盤は人数も多いし、どうなるか予想できないので、ある意味「苦肉の策」だったのかもしれません。

(もしくは、「僕はしたくないんで大丈夫です」って言えば良かったけど、小峠がトイレに行きたがるまで待ってたので、自分も尿意が限界だったのかも)

これらは全て僕の推測ですが、たかしは相当頭がキレるなと思いました。
痺れた。




Trash Area(筆者のバンド)のオリジナル曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考