新着記事

カテゴリー

僕がLine Payを使わなくなった3つの理由

僕がLine Payを使わなくなった3つの理由

本日のおすすめ記事

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した

みんなで盛り上がれる心理戦と言えば「人狼」がありますが、人狼を更にカジュアルににした「ワードウルフ」というゲームも中々面白いです。そ...

この記事はたぶん 4 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

先月から「Line Pay」を使い始め、一ヶ月が経過しました。

今まで電子マネーと言えば「nanaco」しか使ってこなかった情弱な僕ですが、Line Payを実際に一か月間使ってみて、「こんなに使いにくいものなのか」とガッカリしたポイントも多いです。

そしてそのストレスがいよいよ限界に達した為、一旦Line Payを卒業します。

というわけで、「Line Payを辞めた理由」をまとめました。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

Line Payを辞めた理由①支払う時テンパる

Line Payで支払おうとすると、結構テンパります。
その理由の一つがまず「操作しづらい」ということ。

Line PayはシンプルにUIが悪いです。
だから直感的に操作しづらい。

特に「Tポイントカード」を提示してポイントを貯めようとするなら、結構難易度が高いです。

・UIが悪い
・ポイントカードが使いにくい
の2点から、コンビニなどで気軽に支払おうとする際、割とテンパります。

ある条件が揃うと「現金支払い」よりも時間がかかってしまう為、電子マネー最大のメリットである「支払い時の速度アップ」すら失ってしまいます。

※ある条件:「マイカード」に登録している「Tカード」を使用する場合

 

他にも、ごくまれに「支払おうとしたその瞬間を狙って“ログイン認証を済ませてください”というアラートが英語で表示され、中々支払い画面に進んでくれない」という事件もありました。

レジで後ろに人が並んでる時に、咄嗟に「予想外のトラブル」に対応するのは中々焦ります。

Line Payを辞めた理由②「マイカード」が使いにくい

Line Payの機能の一つに「マイカード」があります。

「マイカード」とは、ポイントカードをデジタル化できる機能です。
つまりスマホの中に、「Tポイントカード」やら「Pontaカード」をまとめて入れておけるので、それらのポイントカードの実物を持ち歩く必要が無くなります。

これは凄く便利な機能ですね。

しかし、「Line Pay特有の操作し辛さ」も相まって、マイカードがかなり不便な状況となってます。

特にそう感じるのは「Tカード」の時です。

 

ただ、「実際にどう使いにくいか」を説明するとなると結構なボリュームなので、別記事にまとめました。

どうぞこちらの記事をご覧ください↓

Line Payを辞めた理由③「もらえるくじ」の労力が半端ない

ある一般ユーザーのツイートです。

Line Payには「もらえるくじ」という「支払いを済ませる度にくじが引ける」サービスがあります。

くじの結果は「~円」などで、その金額分の電子マネーがLineウォレットにチャージされます。
だから本当は凄く嬉しいサービスなんですが、当選金額は基本「1円」です。

良くても10円前後で、相当な事が無い限り1円しかヒットしないと捉えておいて良いでしょう。

そして「この1円の為に要する労力」が結構多い。

「もらえるくじ」で面倒だと思う事

・会計の度に「もらえるくじが引けるよ!」と通知が来るのがウザイ

・更に、もらえるくじを引く度に当選金額(もちろん1円)が「LinePayにチャージされました」と通知が来るのがウザイ

・そして上記の通知が全て一般のLineトークとして通知されるので、Lineアイコンのバッジ(アイコン右上に付く数字)の件数が増えるのもウザイ

・「もらえるくじ」の期限が短い為、「後でまとめて処理する」という方法が取れない

とりあえず「もらえるくじ」周りの面倒さは上記の通りです。
他にも、僕のように「家計簿」を付けてる人には、「細かい頻度で1円が加算される」というのが中々面倒だったりします。

追記:「もらえるくじ」は単なるキャンペーンでした

めっちゃ勘違いしてましたが、「もらえるくじ」は2019年の5月辺り限定のキャンペーンでした。
なので、2019年6月現在、もらえるくじは終了しています。

まぁでも、Line Payは持ってて損はない

 

いろいろ書きましたが、使いにくい点はいつか改善されるはずです。

また、ITを駆使した新規事業なんかは「Line Pay支払いだと5割引き!」みたいな特典があったりするので、とりあえず持っておいて損は無いでしょう。

例えば「アイカサ」という傘をシェアするサービスでは、通常70円のところ、Line Pay支払いだと1円です。

傘の柄にあるQRコードをスマートフォンで読み込み、表示された数字で傘の柄にあるダイヤル錠を解錠すると傘が開き、使えるようになる。料金は1日(24時間)当たり70円。

「LINE Fukuoka」「LINE Pay」「Nature Innovation Group」は現在、同サービスを「LINE Pay」で支払う場合、1日1円で利用できる「福岡限定!LINE Payで1円傘キャンペーン」を共同実施中。「キャッシュレス」「シェアリング」を含んだ「オンデマンド社会」の体験を提供する。6月20日までを予定。

こういう時に「Line Pay使ってて良かった!」と思えます。

ちなみに「アイカサ」というサービスも中々ユニークで面白そうですね。
気になる方の為にニュース記事のリンクを貼っておきます。

福岡市で傘シェアリングサービス「アイカサ」 東京に次ぎ展開 – 天神経済新聞

僕がLine Payを使わなくなった3つの理由:まとめ

この記事のまとめ

・Line Payは操作性が悪い

・「マイカード」も使いにくい

・「もらえるくじ」の労力が半端ない

・家計簿つけてる人には手間が多い

・でも、持っている分には損は無い



本日のおすすめ記事

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した

みんなで盛り上がれる心理戦と言えば「人狼」がありますが、人狼を更にカジュアルににした「ワードウルフ」というゲームも中々面白いです。そ...

\おすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス/
サービスポイント
U-NEXT ・他サービスよりも話題作を優先配信! ・漫画や雑誌(新刊)なども読める! ・今なら31日間無料!
Hulu ・日本の映画、ドラマ作品の配信が早い! ・今なら2週間無料! ・日本では一番人気のVODサービス!
Amazonプライム・ビデオ ・「ドキュメンタル」など、ユニークなオリジナル和製コンテンツが充実! ・独占配信アニメタイトル多め! ・「Amazon Photo」や「Amazonプライム」などの付加価値もあるので、動画を見なくてもお得!
Netflix ・充実したオリジナルコンテンツ群 ・他サービスに比べ圧倒的に使いやすいデザイン ・VODサービスでは、世界イチのシェアを誇る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)