新着記事

カテゴリー

1人で電柱にぶつかった後に恥ずかしくならない方法

1人で電柱にぶつかった後に恥ずかしくならない方法

本日のおすすめ記事

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した

みんなで盛り上がれる心理戦と言えば「人狼」がありますが、人狼を更にカジュアルににした「ワードウルフ」というゲームも中々面白いです。そ...

この記事はたぶん 3 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

こんにちは。
あらゆるものに感謝しながらも、基本的には一人で生きているぱっかんです。

さて、僕は散歩が趣味なのですが、一人で歩いていると、時折電信柱などにぶつかってハズイ思いをすることがあります。

この時に「二人以上」であれば笑いあうことで恥ずかしさは軽減されますが、一人の場合はそうもいきません。

※関連記事は最後にまとめて紹介します

1人で電柱にぶつかっても、「痛み」を表現できない

もしボサーっと歩いてて電柱にぶつかったら、「痛い」のと同時に「恥ずかしい」という感情も湧き起こります

まず、痛みをセリフとして解放したいので「 った・・・」というセリフを吐きたくなります。
しかし一人だと「痛がってると思われたくない」という気持ちが発生し、その後に「何事もなかったよ」的な平静さを演じたりします。(特に中年サラリーマンに多い)

最近になり気づきましたが、「二人以上」というのは本当に強力で、もし電柱にぶつかっても「痛って・・・」と何も気にせずに痛みを解放することができるし、そうやって感情表現することで、ツレと情報共有ができます

しかし最近になり、「一人でぶつかった後に恥ずかしくない方法」を見つけました。

解決法:「あっぶな」と言う

まさしく、こないだ僕が電柱にぶつかった後に自然と出た言葉ですが「あっぶな!」と言えば、全てが解決します。

 

多分これを読まれてる方のほとんどが「意味が分からん」という状況だと思うので解説します。

まず「あっぶな!」とは「危なかった」の略です。

一般的に「あっぶな!」とは、何かの事故を寸前で食い止めた時に出る言葉です。

例えばテーブルの上に置いてるグラスの存在をうっかり忘れて、腕が当たってそのグラスを落としたとします。
しかし抜群の反射神経で落下中のグラスをキャッチしたら、「あっぶな!」と言える権利が生まれます

反対に、もしグラスを落として割ったら、それはもう「手遅れ」なので「あっぶな!」と言う事はできません

しかし「電柱にぶつかった後」であれば「あっぶな!」が使えます

想像してみてください。

 

あなたの前を歩いている男性が「走りスマホ」という新時代のマナー違反をしており、案の定電柱にぶつかったとします。

そのアホは鼻血が出そうな勢いでぶつかったにも関わらず、すぐさま「あっぶな!」と言いました。

するとあなたは
(今ので「あっぶな!」って言う、ということは、アホにとって今のはセーフ内の出来事だったんだ)
と思います。

そう。
「あっぶな!」は本来、事故を未然に防いだ後に言うものだから、実際にぶつかったとしても「あっぶな!」と言ってしまえば、「彼のものさしでは、今のは事故に入らないんだ」という風に勘違いさせることができるのです。

もし「事故を目撃した人」が「あまり自分を持たないタイプ」だったなら、
「あれ?今あの人電柱にぶつかったように見えたけど、私の見間違いかな?」と、「事故そのものがなかったかのように錯覚させる」ことも可能です。

そして当事者も「あっぶな!」と言うことで、「痛った!」という台詞を消化することができます

女性の方は「あぶなかった・・・」と、落ち着いた様子で呟くと良いでしょう。
すると周りの凡人は、
「あの女性盛大にぶつかってたけど、その後の冷静さから察するに、おそらく剣道初段くらいは持ってるんだろうな」と思い込むことでしょう。

1人で電柱にぶつかった時に恥ずかしくならない方法:まとめ

今日もまた「一人行動が好きな人」の悩みを解決したかと思うと、嬉しくて踊り狂いたくなります。
ただ、「走りスマホ」だけは絶対にやめましょう。



本日のおすすめ記事

【孤独】多人数向けゲーム「ワードウルフ」を2人、または1人で遊ぶ方法を編み出した

みんなで盛り上がれる心理戦と言えば「人狼」がありますが、人狼を更にカジュアルににした「ワードウルフ」というゲームも中々面白いです。そ...

\おすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス/
サービスポイント
U-NEXT ・他サービスよりも話題作を優先配信! ・漫画や雑誌(新刊)なども読める! ・今なら31日間無料!
Hulu ・日本の映画、ドラマ作品の配信が早い! ・今なら2週間無料! ・日本では一番人気のVODサービス!
Amazonプライム・ビデオ ・「ドキュメンタル」など、ユニークなオリジナル和製コンテンツが充実! ・独占配信アニメタイトル多め! ・「Amazon Photo」や「Amazonプライム」などの付加価値もあるので、動画を見なくてもお得!
Netflix ・充実したオリジナルコンテンツ群 ・他サービスに比べ圧倒的に使いやすいデザイン ・VODサービスでは、世界イチのシェアを誇る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん
web系の会社で働きつつ、副業(趣味)でメディア運営をやっています。

運営してるメディア
ぱっかんブログ(当サイト)
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「内省」という資質に優れており、それを活かした映画系の記事が得意。
→「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。
▲ overflow(Youtubeにジャンプ)