新着記事

カテゴリー

悪夢の後の安心感

悪夢の後の安心感

本日のおすすめ記事

一人暮らしからの引っ越し。部屋との別れが悲しくて大泣きした

ついに「8年住んだワンルーム」から「新しい部屋」に引っ越しました。自分のステップアップによる引っ越しなので気持ちは前向きなはずですが...

この記事はたぶん 2 分で読めます。
ぱっかん
執筆者:散歩ブロガー「ぱっかん(@pakkan316)」福岡散歩ブログも絶賛更新中!

もはや僕は悪夢が好きなんじゃないかという気さえしてきた

目を覚ました後の安心感は、僕が大好きな脱獄映画の脱出シーンそのもの

僕が昔経験した地獄を再確認し、既にそこから抜け出していることを理解できる

確かに、僕は今安心感を抱いてる

悪夢は現状に満足している時に見る

世にも奇妙な物語のエピソードで「悪夢は人生が好調な時に見るもの。この薬を飲めば強制的に悪夢を見るから、人生が好調になるよ」というものがあった。

人生はそんな画一的なものでは無いけれど、なんとなく分かる。
おそらく、警鐘的な意味で悪夢を見るんだと思う。

よく見る「昔の仕事」の悪夢

悪夢の種類は人によって違うとは思う。
僕の「よく見る悪夢」は昔の仕事。

特に作業着を着てた頃の自分は、今となっては相当嫌な思い出だ。

 

「作業着」という書き方をしたけど、職種に縛られずいろんな事をやっていたので、包括して「作業着を着る系の仕事」と表現した。

これは別に「ブルーカラー」的な侮辱を言いたい訳では無い。

自分にとっての「作業着時代」が苦しかったというだけ。

特に苦しかったのは、

・周りの人間関係
・自分の資質との不一致
・THE 労働という感じ

など。

自分にとっての嫌なことが詰め込まれていたから、当時は嫌じゃなかったけど、成長した今の僕にとってはとても嫌な思い出だ。

 

そして未だに当時の夢を見る。

悪夢を見た後に安心する

目を覚ますと心底ホッとする。
「あ、これは夢か。あの仕事に戻ったわけじゃないんだな」と、冒頭でも書いたように、脱獄に成功したかのような気持ちさえ感じる。

そう考えると、僕は悪夢が好きなのかもしれない。

そもそも僕はNotionで毎日日記を書いたり、内省活動をしたり、ゲームの後に振り返りメモを書いたりなど、「自分との対話(ログ)」が大好きだ。

夢も恐らくは「潜在意識との対話」。
そこで過去の悪例を体感し、いかに今が恵まれているかを再確認する。

そうすることで、現在の不満は些細なことだと認識し、より情熱的になれる。今のように。



本日のおすすめ記事

一人暮らしからの引っ越し。部屋との別れが悲しくて大泣きした

ついに「8年住んだワンルーム」から「新しい部屋」に引っ越しました。自分のステップアップによる引っ越しなので気持ちは前向きなはずですが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この記事をこねた人

名前:ぱっかん(@pakkan316
一人が大好きなぼっちブロガー。
働き方、生き方、日々思った事、クッソどうでもいい事などをつづってます。
孤独との向き合い方や、孤独の楽しみ方をメインに情報発信しています。

【運営してるメディア】
ぱっかんブログ(当サイト)
ぱっかんのガジェットブログ
ぱっかんシネマ
やるゲーブログ
福岡散歩ブログ

「当ブログ」と「ぱっかん」について

【職業】web諸々
【趣味】考えをまとめる・散歩・映画
【好きなファッション】ウォーキングデッドに出てきそうな奴
【好きな食べ物】ネオソフト・きなこご飯
【ストレングスファインダーの結果】着想/最上志向/内省/共感性/運命思考

youtubeで、ゲーム実況とか、福岡散歩レポートの紹介とかやってます。
Youtubeチャンネル(外部)

あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。
エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。

▲ overflow(Youtubeにジャンプ)